« 梅雨を楽しむ | トップページ | 常識? »

2006年6月15日 (木)

大人の器

去年、念願の着付けを習いにいきました。

先生も、生徒さんたちも、いい方ばかり。

毎回、着付けや帯結びを覚えていく充実感。

週1度のお稽古が楽しくて楽しくて!

半年があっという間でした。

ひとまず基本科を卒業し、お免状をいただきに伺ったとき、ちょうどお稽古が

なく、先生ひとり。

ちょっとお茶でも飲みましょうか、ということで近況や他愛のない話をしました。

私は少々頑固なところがあり、人に悩みを打ち明けたり、弱音を吐くことが

ヘタで、苦手なのですが。

その日はめずらしく弱音が出て、流れでシリアスな話をしました。

先生は特に解決策を促すわけでも、喝を入れるでもなく、絶妙な相槌で

話を聞いてくださいます。

なんだか安心して思う存分話していくうちに気持ちが楽になり、

言うだけいったらスッキリ。

話を聞き終わった先生が言ってくださった言葉。

「弱音でも愚痴でもなんでも、ここに来て言いなさい。何がしてあげられる

わけじゃないけど、言っちゃうことでスッキリするでしょう」

さらに

「何十年、たくさん人に会ってきたけど、いろんな人がいるから。

 みんなあれこれ、ここで話していくわよ。私も生徒さんに『聞いてちょうだい!』

 って話したりするし。お教室はずっとここにあるから、いつでもいらっしゃい!」

嬉しかったです。

本当に愚痴を言いに行ってはいませんが…。

|

« 梅雨を楽しむ | トップページ | 常識? »

コメント

こんばんは!
私もそうなんです。
弱音吐くの苦手。悩みも、何とか自分で
解決しようとするし。
だから自分のこと「素直じゃないな。」って
思います。
素直に悩みを打ち明けられる人って羨ましい。
それを聞いてくれる人が身近にいるのも
いいですよね。

投稿: 寝起きのパンダ | 2006年6月16日 (金) 20時04分

寝起きのパンダさん、こんばんは。
パンダさんも苦手ですか。
もう少し、素直に、上手に相談とかできるようになりたいと思います。
なので、先生がおおらかに、弱音を聞いてくださってありがたかったです。

投稿: | 2006年6月16日 (金) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/2232954

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の器:

« 梅雨を楽しむ | トップページ | 常識? »