« ファッションリーダー | トップページ | 接客美人 »

2006年5月15日 (月)

警戒心の必要性

週末、宅配便が届きました。

ハンコを押してお礼を言い、玄関を閉めて思い出したことが。

10年くらい前。

ピンポーンとベルがなるので玄関を開けると、50歳くらいの男性が立っています。

某新聞社の勧誘でした。新聞社や電話会社やその他でも、勧誘に対しては、若者

の特権(?)、いえ、必殺技でしょうか。

「今、親がいないからわかりません」ですべて乗り切っていました。

勧誘の人は「じゃあまた来ます」と言って帰りました。

後日、また同じ人が来たとき、母が応対しましたが、その人が帰った後、

母に叱られました。

どうやら勧誘の人に忠告されたらしいのです。

「お嬢さん、素直に玄関の鍵開けましたよ。危ないでしょう。私が悪人だった

らねぇ。それにシツコイ勧誘があるんですよ。中に入り込んだりサインするまで

座り込んだり。もっと警戒心持たないと

そう言われて恐ろしかったらしいです。

以前、私が帰り道で変な人に声をかけられ追いかけられたことがありました。

幸いそのときは近所の方に助けていただきましたが。

過去に女優の山口智子さん宅に、宅配業者を装った男が押し入った事件が

あったこともあり、こんこんとお説教されてしまいました。

されてしまいました、と言ってはいけませんね。母は心配していってくれている

わけですし、新聞社の方もありがたいです。

当時は「確かに私が悪いけど、そんなに怒らなくても…」なんて思う罰当たり者

でした。もし、タイムマシーンがあるなら「心配してくれる人、叱ってくれる人がい

るのは幸せなことなんだぞ!」と当時の私にお説教したいです。

その後はインターホンで確認、のぞき窓で確認、チェーンをして開けて確認。

など、しつこいくらい警戒するようになりました。

なにより、自己防衛は大人の義務だと知ることになった出来事でした。

|

« ファッションリーダー | トップページ | 接客美人 »

コメント

私も、ピンポ~ンとなったら、普通に開けちゃって、ドキドキすることありますね^^;
最近は特に怖い事件も多いですから、気をつけなくっちゃです^^;

投稿: ユリコ | 2006年5月16日 (火) 17時06分

ユリコさん、こんばんは。
怖い事件、多いですね~!怖いニュースを見ない日がないですから。
お互い気をつけましょう!!

投稿: 蓮 | 2006年5月16日 (火) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/1811421

この記事へのトラックバック一覧です: 警戒心の必要性:

« ファッションリーダー | トップページ | 接客美人 »