« 意味が違った | トップページ | 過去からの手紙 »

2006年4月12日 (水)

し続ける

「しつけとは、し続けること」→マナー本より。

なるほどって思いませんか?

知らないことがある。覚える。終了。じゃないんですよね。

し続けないと、結局自分の身につかない。

今年の初めごろ、母がひとり、部屋でブツブツ何かを言っているので

声をかけると、英語の本を声に出して読んでいたのでした。

母曰く、「最近、英語を話す機会がないから。毎日少しでいいから話さない

と衰える。とっさにでてこなくなると嫌だから」。

母の向上心に感心するとともに、反省でした。

マナーに関しては、アドバイザーになったからには日々精進で、自分なりに

勉強し続けていますが、仕事と離れたものはどうか。

着付けは、お免状をいただき、「私は着られるから」と安心していました。

いけませんね。久しく着物に袖を通していなかったから、帯結びがよろしくない。

ピシッと決まらない。

そのとき、冒頭の「しつけ」について思い出したのです。

独身の私には縁がないことと考えていたのが間違いでした。

自分で自分をしつけないと! 

ということで、今は時間を見つけて週に1日だけでも着物を着るようにしています。

|

« 意味が違った | トップページ | 過去からの手紙 »

コメント

ううむ、耳が痛いですな。私も中国語を毎日少しづつでも声に出したいと思いながら続かなくて、自己嫌悪~。明日から頑張ろう(三日坊主か?)。お母様は私も存じ上げていますが、粘り強い方だなぁと尊敬しています。

投稿: reico | 2006年4月12日 (水) 23時23分

reicoさんこんばんは。
母がお褒めいただいて恐縮していました。reicoさんの行動力や
信念のすばらしさを母から聞くたびに、私もそうありたいと思っております。

投稿: 蓮 | 2006年4月13日 (木) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/1382006

この記事へのトラックバック一覧です: し続ける:

« 意味が違った | トップページ | 過去からの手紙 »