« 懐かしき、がんばれ自分 | トップページ | 何かないですかね? »

2006年4月20日 (木)

ありがとう、吉田くん

電車の出発待ちをしているときのこと。

乗ってきた男子高校生が、ホームにいる友達と大声で話している。

まあ、出発するまでだからと思うが、あまりに大声で話し笑うので、

少々うるさいなと思い、イラッ。

「マナーがなってない!」

ホームにいた友達が帰り、やっと静かになったとき、電車に大きな鞄を持った

年配のご婦人が入っていらした。

私は立っていたので、空いている席はないかしらと見回しました。

すると例の高校生が自分の前の席を指差し、

「ここ空いてますよ!」と彼女を手招き。

さらに「網棚に載せましょうか」とたずね、サッと鞄を受け取る。

網棚に載せながら、鞄についていた名札をみて、

「あっ、吉田さんっていうんですか。僕も吉田なんですよ」

とニコニコと話しかけている。

その後しばらく、ふたりとも嬉しそうに話をしていました。

この光景を見て、あったかい気持ちになりました。

少年をとてもキレイだな、とも思いました。

そして考えさせられました。

大声を出していたのはマナー違反です。

ただ、彼は大切なものを持っている。

こちらは一朝一夕には身につかないもの。

作法とは別のマナーがとても重要だと、改めて感じる出来事でした。

吉田くん、素敵な時間をありがとう!

|

« 懐かしき、がんばれ自分 | トップページ | 何かないですかね? »

コメント

外見で決め付けるのは、いけない事ですが、何故だかその吉田君の魅力に惹かれます。見るからに、そうゆう振る舞いが自然に出きる少年でも感動しますが、相対照的な彼の行い、さっきのマナーの悪さは、不思議と許せませんか?(私の個人的な観点から)

投稿: Rio | 2006年5月11日 (木) 14時08分

Rioさん、こんばんは。
許せちゃいました! 吉田くん、とても好青年だったんです!! 
パッと見や、少しの時間だけで人を見てしまいがちな自分に気づき、
しっかり人を見つめなければいけないと、教えられた出来事でした。

投稿: 蓮 | 2006年5月11日 (木) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/1481468

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、吉田くん:

« 懐かしき、がんばれ自分 | トップページ | 何かないですかね? »