« かっこつけます | トップページ | 半分愛して »

2006年4月27日 (木)

本当にごめんなさい!

ピッカピッカの~1年生♪

真新しい制服の学生を見ていると、自分の学生時代を思い出します。

特に中学1年生のときのこと。苦い、恥ずかしい思い出です。

すごくいけないことをしました。

担任の先生がなぜか好きではなく、露骨に避けていたのです。

そのことは先生もわかっていたらしく、1学期の終わりの二者面談で

「なんだか、あなたは僕を避けていますね。ハッキリ言って不愉快です」

と言われました。

その場はしどろもどろ、言い訳をして謝ったことは覚えています。

ただ何を言ったかは忘れてしまうくらい、慌てていたのだと思います。

いけないことをしたなと反省しました。ただ本当に心からなんてひどい

ことをしたのだろうと省みたのは、ひと月くらい経ってから。

なぜ好きではなかったのか。理由がない。

きっと年頃の女の子が、思春期に父親を嫌うよなものだったと思います。

先生に叱られてから避けるのをやめると、今まで見えていなかった先生が見える。

とてもいい先生です。

私はその先生を傷つけたわけです。

そして、自分のしたことを悔いました。

思春期ゆえとか、幼さの過ち。そんな言葉は通用しない。

人を傷つける罪に大人も子供もない。

そう知る出来事でした。

|

« かっこつけます | トップページ | 半分愛して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/1595292

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にごめんなさい!:

« かっこつけます | トップページ | 半分愛して »